ANSIBLEを活用した5G・クラウドネイティブ時代のネットワークCI/CD

次世代サービスプロバイダーサミット2017講演資料

* このページは、Internet Explorer 9またはそれ以降のバージョンのブラウザー、Chrome、Firefoxでご覧ください。

現在ETSI NFV ISGではリリース3が議論されています。5Gを見据えたクラウドネイティブ化やCI/CDへの挑戦がリリース3のテーマとなっています。ネットワークサービスのモデリングおよびアジャイル開発には継続的インテグレーション(CI)、また、テスト、検証、およびリリース導入を自動化するには継続的デリバリー(CD)が必要ですが、今のSDNやNFVだけではネットワークCI/CDの実現が難しい。何かが足らない。本セッションではOpenStack, OpenShift PaaS構築時に使われ始めているAnsibleを活用したエッジコンピューティング、NFV/SDNサービス展開の可能性についてご紹介致します。

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただいた個人情報は、弊社の親会社である RedHat, Inc. と共有し、弊社およびRed Hat, Inc. の今後の営業およびマーケティング活動に関連する各種ご案内(イベント、セミナー、キャンペー ン、サービス情報の紹介等)のために利用いたします。 弊社および Red Hat, Inc. は、ご提供いただきました個人情報を、以下のサイトに掲載の個人情報保護ポリシーに基づき管理いたします。

http://www.redhat.com/ja/about/privacy-policy

※このポリシーは弊社に対しても適用されます。