ANSIBLE事例:COMMUNITYCO

ANSIBLE TOWER による自動化で COMMUNITYCO のネットワーキングプラットフォームがパワーアップ

* このページは、Internet Explorer 9またはそれ以降のバージョンのブラウザー、Chrome、Firefoxでご覧ください。

「CommunityCoではAnsible Towerを導入することによって、グローバル開発チームが24時間体制でアプリケーション機能を更新できるようになりました。このような機能変更を一貫してすばやく実行できるため、ダウンタイムが短縮され、デプロイ回数の増加につながりました」
KIRILDUBROVSKY氏
シニアソリューションアーキテクト
G2TECHGROUP

CommunityCoは、データレベル、テクノロジーレベル、およびコンシェルジュレベルのコミュニティ管理によって、個別の招待者限定のコミュニティを構築してい必要とする仲間やリソースと必要なタイミングでつながることができます。

CommunityCoとG2 は、Ansible の Amazon Web Services クラウドモジュールを導入し、以下の方法による自動化で、更新をさらに管理できる CommunityCo 向けのソリューションを構築しました。

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただいた個人情報は、弊社の親会社である RedHat, Inc. と共有し、弊社およびRed Hat, Inc. の今後の営業およびマーケティング活動に関連する各種ご案内(イベント、セミナー、キャンペー ン、サービス情報の紹介等)のために利用いたします。
弊社および Red Hat, Inc. は、ご提供いただきました個人情報を、以下のサイトに掲載の個人情報保護ポリシーに基づき管理いたします。
http://www.redhat.com/ja/about/privacy-policy
※このポリシーは弊社に対しても適用されます。